お笑い芸人になるには コンテナBOXの購入プランと経費は…これくらい掛かります! | 有限会社 都市開発推進協会

競売サポートお申込み
個別コンサルティングお申込み
競売不動産・個人様お問い合わせ
競売不動産・不動産業者様お問い合わせ
トランクルームお問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
損害保険に関するお問合せ
損害保険勧誘方針
損害保険プライバシーポリシー
September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

コンテナBOXの購入プランと経費は…これくらい掛かります!

 

トランクルーム事業で稼いでもらうのは、「コンテナBOX」です。20フィートコンテナ(全長約6.06m)を基に、コンテナ内部に間仕切りや、出入り口となるシャッター(または扉)、換気孔などを装備したものです。

 

 1室がおよそ4畳半の広さの「2シャッタータイプ」の3連置き

 

間仕切りの設け方で貸し出すコンテナルームの室数が決まります。細分化すれば貸し出す室数は増えますが、1室当たり面積(容量)は狭くなりますので、借りる方には使いにくいかもしれません。的確な室数設定が必要になります。

 

購入金額、つまり投資金額は?――事業を行うに当たり、最も気になりますよね。ズバリ!コンテナBOX 1台当たり、100万円(税抜)となります。

 

輸送コストの関係で4台以上からのご購入が可能です。地形にもよりますが、50坪の土地面積で4台設置が可能かどうかというのを基準にしています。

 

土地の面積や形状、前面道路付けにもよりますので、4台以下の設置計画でもご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

設置に掛かる費用としては、コンテナBOX代金のほかに、建築確認費用や設置料、運送料が必要になります。購入台数や設置個所(地域)、土地の形状、立地条件などで変動しますが、付帯設備を含めた一律の価格です。

 

また、建築物ではありませんが、行政の指導により建築確認がないと設置、運営できません。設置には弊社と提携した専門の工事業者がおりますので、安心してお任せください。

 

そうそう!これが意外に盲点なんです!コンテナBOXを運搬する際には、輸送効率の面で4tロングのトラックを使用しています。前面道路が狭い場合は、同車両だと曲がり切れない場合も想定されます。

 

50坪以上の土地面積でも設置不可となる可能性もあるので、ご購入前に綿密な現地確認に確認に基づく検討が必要になります。

 

全国での対応とさせていただきますので、土地の有効利用で悩んだら、まずはここにお気軽にお問い合わせください。提案書の作成は無料です。その際には、土地の図面をご用意ください。

スポンサーサイト

pagetop